FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
鼻毛切り0
電動鼻毛カッター から 鼻毛切りハサミ に戻った話。
気を抜くと、たまに鼻からコンニチハしている鼻毛を簡単に処理するために数年前に購入した
Panasonicの鼻毛カッター

Amazonで売っているのをみると、これが同一品かと。
千円しないうえに、出てきた鼻毛を切ってくれるだけでなく鼻の中の毛も綺麗にしてくれる便利なヤツです。


鼻毛切り2
このカッターの金属部分を鼻に入れると毛を綺麗に切ってくれます。


ただいくつか問題がありまして・・・・・・。
鼻毛切り1
基本的に立てて置いておくものなんだ、と思っていますがなぜ足元に向かってすぼまっていくデザインなのか。
この足元の踏ん張りが効かないデザインのおかげで、これをほかの洗面用品と一緒においておくと
よくまぁ棚から転がり落ちる
歯ブラシ執る、髪をとかそうとブラシを取る、カミソリを取る。
そんなちょっとしたときに少しでも当たれば容赦なく落ちてきます。
忙しい朝や、早く寝たい夜にこれをされるとたまりません。
そして横倒しにすると洗面台の棚に置くには長さが問題に。


お手入れにも難があります。
一応電池ブタの裏にブラシがありますが、鼻に入れるので水洗いしたいところ。
鼻毛切り3
堂々と書かれる「水洗いできません。」の文字
ご覧のように頭を分解してそこだけ洗えばいいんですが、乾くまでこのままで置いたりと面倒。

そして
「鼻毛は出ている分だけを切って、あまり切りすぎないほうが良い」
という鼻毛のお手入れ記事をみたときにこのカッターの役目は終わってしまいました。


そこで改めて採用したのが普通の鼻毛切りハサミです。
鼻毛切り4
鼻毛は必要だからあるものなので切りすぎてはいけないとのこと。
出てる分だけ切るならハサミで良いや、とふらっと立ち寄った無印良品でハサミを購入。
こちらも735円と千円しません。

刃が露出している分、電動の鼻毛カッターより気を使うのは当然ですが
毎日鼻毛が出てるわけではないので特に問題もありません。
先も丸くなっているので安心。
プラスチックを使用せず全て金属、また表面の処理もあってなかなかかっこいいです。

ただ何も考えずに無印で買ったのでちょっと問題もありました。
鼻毛切り5
材質が「STEEL」、鉄ということで使ったら拭けばいいかくらいに思ってましたが
刃先がちょっと錆びました。特に使用に問題ないですが、やはり材質はステンレスのほうがいいみたいです。

場所も取らず、電池もいらない、手入れも簡単。
但し「ハサミを鼻に入れるのが怖くなければ」という注付きですが。

ハサミを鼻に入れるとどうしても緊張してしまう方には、安価なPanasonicのカッターはいいかもしれません。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。